憎めない?ケンちゃん
2017.10.05
我孫子ゴルフ倶楽部に一か八かはない。
ゴルフは手前から。
以上本日の教訓でした。

某N社社長のケンちゃん。

コンペの時、必ず遅刻することで有名。
でもなぜかスタートにギリギリは間に合う。
こんな説が言われるようになって十余年。もはや定説が「伝説」となっている。
本人も「こりゃいかん」と考え、数年前、とあるコンペに思いっきり早く出かけた。
そしたらクルマのタイヤがパンクして・・・・・・・・・・・・やっぱり遅刻したそーだ。

昨年、そんな彼にも新しい伝説が加わった。
幹事さんが参加費を集めだすと、
「あの~。どなたかお金を貸していただけませんか?」


そして本日。やはりケンちゃんが来ない。
でも結果スタートには間に合う。
加えてやはり集金には・・・・・・・・「千円足りません」

そんなケンちゃんではあるものの
コンペではなくてはならない参加者なのであります。

「ケンちゃん」
業界の人なら誰だかわかるよね。
2017.10.05 18:36 | 固定リンク | 未分類
新宿マルイ 英国式庭園
2017.10.04
田舎で生まれ育ったワタシでも、
東京は案外「緑が多い」と印象を持っている。(土は少ないが)

久々の新宿。
ましてはマルイともなれば十数年、それ以上か。

学生時代、ガールフレンドが丸井のカードで買い物するのを目の当たりにし。
「名前書くだけで買えるのか」とビック仰天したのも懐かしい。

目当ての雑貨店を目指し上へ足を進めると、屋上・英国式庭園とある。

きっと、ウィンブルドンのようにまわりは緑に囲まれた風景か。(←行ったことない)

それとも噂に聞くヘスターコム庭園のように季節の花で覆われているのか。(←場所もわからん)

そして(味気ない)扉を開けるとそこには・・・



やはり草木が若い。

ただ芝生はオーガスタのフェアウェイに匹敵(←やはり行ったことなんかない)するくらい、短く手入れが入っている。

売上を回収できないスペースにこのようにお金をかけるなんてエライ!!

きっと10年後にはうっそうとした緑一杯の庭に育っているにちがいない。

追記:伊勢丹の屋上・日本庭園の池に泳ぐ、小さな金魚にも似た鯉たちも10年後には立派なその姿を見せることだろう。

確実に増えている。
「都会のオアシス」

- CafeNote -