お年玉年賀葉書・3等切手シート
2017.01.30


1等 セレクトギフト又は現金10万円 100万本に1本
2等 ふるさと小包など          1万本に1本
3等 お年玉切手シート         100本に2本(50本に1本のほうが迫力がでる、・・と個人的には考える)

会社と個人宛で今年も5本もの3等が当たった。そして田原町郵便局でいただいてきました。

毎年思うのだが・・・・しょぼい。
(文句は言えないが)
この2枚を無理矢理シート化してる感も強い。

しかも@¥52切手なんぞ使う場面はそーはない。(というか ない!)
加えて何故だか切り抜きづらい。

と、ありったけの文句だが、

当選させていただいた、
Y.O様
M・S様
(株)SF様
(株)SA様
(もう1枚は弊社が出した返送もの)

皆さま、ありがとうございました。

ワタクシ、そして童心から出した葉書が、どうぞ・・・・・・・・当たっていますように。(祈)





今度は「白」
2017.01.29


10年近く使った。
野ざらし・雨ざらし。
カゴは抜け落ち、後輪ブレーキは、大音声の金切り声をあげ・・・・・そのくせまったく効かない。

スタンドを立てるにも、渾身のケリをいれないと独り立ちもしない。

よくがんばってくれた。

ワタシの通勤車として、社用車、営業車として。

今度はしっかりしたメーカー品を買おうと思ってサイクルショップに出かけたが、
持ち前の貧乏性が結局、「今月のお買い得品」を選んでしまう。
でも好みのストレートハンドルに6段変速をおごる。
これで込みこみ¥21600なら充分ではないか。

今度は「白」

浅草や蔵前あたりで見かけたら
お声をかけておくんなさい。
松方弘樹さんといえば 人形佐七
2017.01.25
松方弘樹さんが亡くなった。

テレビでは盛んに
「代表作の仁義なき戦い・・・・・」と報じられているけれど、
ワタシにとって真っ先に思い出すのは、
その昔、金曜日・午後8時からの
NHKテレビ・人形佐七捕物帳

このドラマはストーリーなどほぼ覚えていない。好きでもなかった。
むしろこのドラマの後の「ザ・ガードマン」を楽しみにしていたくらい。

ただ、1966年2月4日、忘れられぬ事件がおこる。

それは松方弘樹さん分する佐七が、
「火の用心、しゃっしゃりませ」といいながら屋敷の扉を叩いていたその時(・・と記憶、多分)

「羽田沖で全日空・ボーイング707型機が墜落」というニュース速報が入った。
(707はワタシの記憶。実際は727型機だった)

両親、祖母が皆「たいへんだ」と場の空気は一変。
当時8歳のワタシは「墜落」の重大さが認識できなかったが、大人達のうろたえで、得体の知れぬ恐怖を覚えたのでした。


松方弘樹=佐七=727型機墜落

これは今も忘れられない公式なのです。

・・・松方さん。この佐七から最近に至るまで、全然印象が変わらない
ものすごい役者さんだったな。

ご冥福をお祈りいたします。

ゴールド免許  になった。(今さら)
2017.01.24
1994年来の歴史を持つそうだ。

ゴールド免許

今度はもらえそう・・・なんて思っていると
必ず何かやらかした。

人生初のゴールド免許

ほとんどの方々は経験済みだろうが、
昨日、もよりの警察署で更新をしたのだ。

下谷警察を探すのにとまどう。なぜなら立て替え中で、仮庁舎に移転中とは知らなんダ。

ゴールド。結構いるもんだ。多くの主婦(ペーパー?)と思われる。
中には、「この人更新じゃなくて出頭かな?」・・と思わせるおよそ優良にはほど遠い輩もいらっしゃる。

手続きも簡単。
更新料払い、写真を撮って、30分の講習を受ける。
待ち時間含め、1時間弱だろうか。

前回のように、はるばる江東センターへ行き、道中の行政書士屋さんで写真と書類を作ってもらい(今は写真もいらないんだね)行列に並び、大教室で講習を受け、食堂でうどんを喰い。電光掲示板でひたすら自分の番号を待つ。  ほぼ一日仕事だったのだが、拍子抜けの所要時間には感慨深いものがある。(ゴールド、バンザイ!)

また5年。
無事故無違反を祈り誓うのでありました。

後記:5年前に比べ、覇気のない顔だこと。

後日記:これをお客さんに話したら
お客さん「ボク、ずっとゴールドなんで比べられないけど・・。たいへんなんでしょ。センターで長い講習受けるの」とのご感想。

浅草・花屋の焼きそば
2017.01.17
営業帰りの12:40

田原町駅の階段を昇ると
「遅いお昼だからウチにしなさい」とばかり、焦げたソースの香りに満たされていた。

浅草・花屋

店内は昭和を飛び越し、もはや明治後期。

数ヶ月に一度は必ずたべたくなる。
その大盛り・@¥500 を会社に持ち帰る。

完食あとの感想は「こうでなきゃ!」イイ意味でもそーでないのでも。

正味:300g(?)のうち
キャベツ:1.5g
もやし :1.2g
そして麺が 297.3g


肉なんてとんでもない。ひたすらビールをじゃましないレシピが心憎い。

ところで、瓶のコカ・コーラを何年吞んでいないだろう。


瓶からこれまた大正なコップに注ぎ、焼きそばを食するのもオツだ。
食べログにおいては、☆☆☆3.1 で紹介されているこのお店。

昨今の外国人観光客向けだろう、
「Yakisoba to go」の張り紙が、飽くなき具無しソース焼きそばを極めた店主の自信の現れに思えるのでした。

- CafeNote -